ビジネスにおける物流倉庫の重要性|物流倉庫の広さについて

倉庫

物流倉庫の使い方

トラック

同じ洋服でもサイズやカラーによって在庫の量は多くなります。さらに、洋服には季節ごとに着るシーズンが決まっています。適した季節を過ぎてしまったら在庫として残ってしまうため、アパレル商品の物流は、在庫を管理するノウハウが大切です。アパレル商品はほとんどがメーカーのダンボールに入れられて物流倉庫に運ばれてきます。担当者が何処にどの商品を置いたかを全て記憶しておくことは困難です。そのため、ダンボールごとにバーコードを付けて専用の機械で読み取ると、何処のアパレルメーカーのどの商品化すぐに把握できるシムテムが活躍しています。また、最近は通販がとても便利です。通販物流においても、お客様から注文を受けると物流倉庫ですぐさまにラッピングして配送できる流れにしています。そうすることで、アパレルメーカーの商品をいち早くお客様の手元に届けることを可能にしました。そのうえ、商品を保管しておくだけでなく発送まで物流倉庫で行えることもメリットです。

アパレル業者の物流倉庫はほかの物流倉庫にはない設備があります。それはハンガーラックで保管できる設備です。洋服の中には商品の形態や保存方法によっても異なりますが、ハンガーにぶら下げて保管しないとシワクチャになってしまう商品があります。そのために、ハンガーラックで保管できるのはアパレル業界の物流倉庫の特徴でもあります。洋服のサイズやカラー、キャンペーンやセールス商品など沢山の洋服が保管されている物流倉庫は独自の進化を遂げて、独自の知識とノウハウが必要になってきています。